官民が協力して月末金曜日に早めの退勤を呼びかける「プレミアムフライデー」が始まった。販促に力を入れた都市部の百貨店などでは来店が増え、消費刺激に一定の成果はあったようだ。だが早期の退勤を実施する企業はまだ限られ、新たな施策が軌道に乗るためには課題も多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2796文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。