キヤノンが3月、一眼レフカメラで主力の「Kiss」ブランドで初めてミラーレス機を投入する。カメラ業界の「横綱」として、ソニーや富士フイルムなどライバルの攻勢を受け止める構えだ。ただ今後もカメラ市場の縮小均衡は避けられない。先手を取られる戦いをいつまで続けるのか。

キヤノンは「Kiss」ブランドのミラーレスカメラを投 入し、国内シェア首位を狙う

 「横綱相撲だけど、観客を沸かせる面白みが足りないね」。電機関連のアナリストはキヤノンの戦略をこう評価する。

 キヤノンは2月26日、ミラーレスカメラの「EOS Kiss M」を発表した。3月下旬発売で、本体価格は7万3500円。同社は「Kiss」ブランドを一眼レフの入門機と位置付け、フィルムカメラが主流だった1993年から展開してきた。ミラーレスにKissの名称を冠するのは戦略転換の象徴といえる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り989文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。