原油安と欧米中経済、マイナス金利、地政学リスクの「新・六重苦」が収まらない。各国は市場との対話に腐心するが、株価や為替の反応はまちまちだ。投資家は主体的に動けず、政策効果の限界もささやかれ始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2799文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。