原油安と欧米中経済、マイナス金利、地政学リスクの「新・六重苦」が収まらない。各国は市場との対話に腐心するが、株価や為替の反応はまちまちだ。投資家は主体的に動けず、政策効果の限界もささやかれ始めた。