「景気の先行指標」とされ、正念場のアベノミクスの今後を占う設備投資の動向。工作機械や産業用ロボットの最新の受注額などから、3つの変調が浮かび上がる。スマホに株価、そして中国。これまでのけん引役が今後の不安要素に変わりつつある。