「景気の先行指標」とされ、正念場のアベノミクスの今後を占う設備投資の動向。工作機械や産業用ロボットの最新の受注額などから、3つの変調が浮かび上がる。スマホに株価、そして中国。これまでのけん引役が今後の不安要素に変わりつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2520文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。