日米航空交渉が合意に達し、今後は羽田から昼間の時間帯に米国線が飛ぶ。交渉合意に「非常に残念」と発表した米デルタ航空の思惑とは何か。ドル箱路線の発着枠拡大は続く見通しで、各社の綱引きは激化しそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1238文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。