東証2部上場の中堅塗料メーカー、菊水化学工業の常務が不正競争防止法違反の疑いで逮捕。以前勤めていた日本ペイントホールディングスから、塗料の製法を持ち出したとされる。経営人材の流動化が進む中、情報漏洩への新たな対策が必要となりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1135文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。