味の素が、中期経営計画の一つの柱に、日本を含む6カ国の「肉・野菜の摂取量」の目標を掲げた。栄養バランスの良い食事への貢献を目指す経営姿勢を明確に打ち出すため、独自指標を生み出した。今後は改良余地もありそうだが、「ESG(環境、社会、ガバナンス)」を重視する投資家対応への苦慮が見える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1190文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。