薬剤費を抑制するため日本でも急速に普及してきたジェネリック薬(後発薬)。数量ベースの普及率が「2017年央に7割」という政府目標はクリアできそう。だが、後発薬メーカーと調剤薬局は息切れ気味だ。