週の何日かは、自宅などの会社以外の場所で業務をこなしたい。そんなリモートワーカーが注目する町がある。避暑地として名高い長野県軽井沢町。ここに自宅や別荘を構えるリモートワーカーは約2000人いるという。東京まで新幹線で約1時間という交通の便の良さに加え、ビジネスに役立つ人脈作りができることも魅力のようだ。

リモートワークへの理解を深めた体験会。打ち上げの会場となったバーはリモートワーカーになじみの店(右)(写真=左:林 安直)

 2月16日夜、北陸新幹線の軽井沢駅(長野県軽井沢町)の近くにある小さなバーに、日本マイクロソフト、コクヨ、アクセンチュアなど大手企業の幹部ら約20人が集まっていた。地元の一般社団法人が総務省などの後援を受けて開いたリモートワーク体験会の打ち上げ。昼間の体験会では、シラカバに囲まれたキャンプ場で移住者の体験談を聞くなどした。

 参加した日本マイクロソフトの平野拓也社長は「創造性のある仕事がしやすい環境」と笑みを見せた。