老舗アパレル、イトキンが投資会社インテグラルの傘下で再スタートを切る。創業家が経営から退き、店舗閉鎖や人員削減など大幅なコストカットを断行する。百貨店依存から脱してSC内の店舗を強化する方針だが、国内のSC自体に飽和感も出ており再生は容易でない。