製紙国内首位の王子ホールディングスが三菱製紙と資本・業務提携すると発表した。33.0%出資して持ち分法適用会社とする一方で、三菱製紙の社名を残し、経営の独立性も保つ。国内の紙需要減少で業界再編の必要性が指摘される中、王子HDが出資に込めた狙いは何か。

再編は動き出すか
●製紙業界の出資・提携関係(数字は出資比率)
再編は動き出すか<br />●製紙業界の出資・提携関係(数字は出資比率)

 「33%か。絶妙な落としどころだな」

 ある業界関係者は、製紙国内首位の王子ホールディングス(HD)と同6位の三菱製紙が2月6日に発表した資本・業務提携について、こんな感想を漏らす。王子HDが三菱製紙に約100億円出資し発行済み株式の33.0%を取得、同社を持ち分法適用会社とする内容だ。

 この組み合わせに驚く声は少ない。2011年3月の東日本大震災で主力の八戸工場(青森県八戸市)が被災し、経営悪化に苦しんできた三菱製紙がここ数年、生き残りへ「片思い」を続けてきた相手が王子HDだからだ。王子HDは三菱製紙に2%を出資し、バイオマス発電事業やティッシュペーパーなど家庭紙事業で業務提携もしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り842文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。