日本たばこ産業(JT)が、紙巻きたばこ偏重だった戦略を改めて、出遅れた加熱式たばこを経営の柱に据える。今年1月に就任した寺畠社長による新体制は、攻めに転じる考えだが、先行きには懸念も多い。紙巻きの市場が想定以上に縮小することで、過去の巨額買収案件が減損リスクに直面する可能性がある。

紙巻きたばこ市場は販売数量の減少が加速
●紙巻きたばこの販売数量の前年比減少率

 「RRPを事業成長の基盤と位置づけて注力する」。2月6日、初めての決算発表に臨んだJTの寺畠正道社長は宣言した。RRPとは加熱式たばこや電子たばこのような次世代たばこを指す。今後3年間で、次世代たばこに1000億円以上を投じる考えも示した。

 もともとJTは紙巻きの国内市場で6割のシェアを持っており、加熱式たばこは補完的な位置づけだった。だがここに誤算があった。米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)が、わずか3年ほどで加熱式の「IQOS(アイコス)」を急速に普及させ、昨年のたばこ市場の約1割を占めるまでになったとみられる。そこに英ブリティッシュ・アメリカン・タバコも加わり、JTの「寡占市場」を侵食しているのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り843文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。