工作機械産業が未曽有の好景気に沸いている。だが、そこには想定外の落とし穴があった。需要に追いつかず部品が欠品。国内工作機械メーカーの納期にも遅れが出始めた。そんな中で浮上しようとしているのが中国メーカー。海外勢の躍進は部品の勢力図も変えようとしている。

IoTの普及で工作機械の展示会に足を運ぶ人が増えた(写真=Natsuki Sakai/アフロ)

 「昨年夏以降、部品の供給が逼迫。メンテナンス用の在庫を回さないと製品が作れなくなった。部品メーカーに改善を求めているが、状況が変わる兆しはない」──。

 1月中旬に都内で開かれた国内工作機械メーカーの会合。集まった各社のトップは共通の悩みを口にした。「軸受け」や、モノを直線状に動かすのに使う「リニアガイド」といった、あらゆる工作機械に欠かせない基礎部品が調達できず、納期に深刻な影響が出ているという。最近では「部品不足で設計変更を余儀なくされた」との声すらある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1022文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。