中国に工場を持つ日系メーカーが段ボール価格の高騰という新たなコスト増に頭を悩ませている。古紙工場などへの環境規制強化とネット通販市場の拡大が重なり、段ボールや古紙の需給が逼迫。中国向けの古紙の輸出増によって古紙価格が上昇するなど、影響は日本にも及び始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1302文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題