伊藤忠商事の岡藤正広社長(66歳)が、慣例の任期6年にこだわらず続投を決めた。辞められないのは、「ファミマ・ユニー統合問題」と中国CITICへの巨額投資があるからだ。ファミリーマート側との確執も報じられる中、岡藤社長が続投の真相を語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2864文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題