日銀のマイナス金利導入発表から2週間以上がたち、運用商品の募集停止や預金金利の引き下げなどが相次ぐ。長期金利が一時マイナスとなり、個人投資家は「金利消滅」による運用難から消去法的に預金に傾いている。日銀の描く好循環のシナリオとは裏腹に、個人にとってはマイナス金利の負の側面が先行している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2974文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。