東芝は2月4日、今期の最終赤字が過去最大の7100億円に拡大する見込みだと発表した。3月末の自己資本比率は2.6%に落ち込む見込みで、「債務超過」が目前に迫る。メディカル事業の売却で回避を目指すが、原発子会社の減損リスクなど懸念は尽きない。