高額なC型肝炎治療薬の偽造品が調剤薬局で見つかった事件の全容がほぼ解明された。直接の原因は、「現金問屋」と呼ばれる卸売業者が複数介在する複雑な流通ルートとされる。その背景には、調剤薬局チェーン全体を悩ませる収益低下の圧力があった。