ソニーの映画事業が1100億円を超える減損を計上し、2017年3月期の業績予想を下方修正した。年平均で400億円もの利益を稼いできたが、環境変化への対応に苦しみ、業績が急降下する。ストリンガー前CEO時代から続く経営体制にようやくメスを入れ、平井社長自らが立て直しを急ぐ。