主要3月期企業による2016年4~12月期決算の発表がピークを迎えた。為替相場が円安に戻り、米中の需要も堅調。足元の業績は底堅い内容となった。一方、通期の業績予想は控えめに出す企業が目立つ。トランプ米大統領の「日本批判」への警戒が強まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り612文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2017年2月13日号 12~13ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。