日銀が金融緩和の一手として初のマイナス金利導入に踏み切った。金融機関に企業や個人への貸し出し増を促し、投資や消費を刺激することをもくろむ。しかし日本企業に旺盛な資金需要があるとは言い難く、むしろ緩和マネーの副作用を懸念する声も出ている。