東芝で人員削減の動きが本格化してきた。40代以上の社員が厳しい選択を迫られている。半導体部門では主力以外の事業売却が俎上に載るが、iPhoneの不振が足を引っ張る。リストラ資金の捻出を優先せざるを得ない状況に追い込まれ、社内では疑心暗鬼が広がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1210文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。