ヤマダ電機は桑野光正・執行役員常務が創業家以外から初めて社長に就任する人事を発表した。2013年から創業者の山田昇氏が社長に復帰していた異例の体制は、3年弱で終了する。業績は回復傾向にあるが、コスト削減が先行しており、再成長に向けては難路が待ち受ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1376文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。