朴槿恵大統領の疑惑で政治空白が続く韓国で、サムスンの実質トップの逮捕が見送られた。だが韓国ではこれまで、財閥トップが何度も逮捕され、特赦が繰り返されてきた。背景には財閥頼みで成長を図る経済構造と創業家支配が続く統治問題がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1410文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。