トヨタ自動車は工場で機械学習などのAI(人工知能)を活用する。既に塗装工程で実証実験を始めた。高岡工場で進めるIoT化の30以上の実証実験の一環で、効果が大きいものから世界の工場に展開する。工場のIoT化で先行するドイツ勢に対する強い危機感を背景に、生産管理手法の進化を急いでいる。

世界各地で工場を展開するトヨタ自動車がIoT化に本気になった(上は米国の工場)。下は高岡工場のボディー部品をプレス成形する工程

 トヨタ自動車は工場でAI(人工知能)を活用する。

 既に高岡工場(愛知県豊田市)の生産ラインでAIの機械学習を使った実証実験を開始。日本では工場へのAI導入事例がまだ少ない中で、先進的な取り組みとなる。

 例えば、車体の塗装における部品ごとの色の微妙な違いの判別にAIを役立てる。樹脂製部品と金属部品では同じ塗料を使っても色の出方が違う。色味を合わせるための細やかな品質管理は、従来はベテラン従業員の経験と勘に頼っていた。

 だが、最近は購入者が選択できるボディーカラーが多様化し、微妙な色合いの実現が難しくなった。色に関連する管理項目は350以上に達する。こうしたデータの解析に機械学習を活用して塗装の品質を高めようとしている。

続きを読む 2/3 AIにベテランの知見を加味

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2334文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。