トヨタ自動車は工場で機械学習などのAI(人工知能)を活用する。既に塗装工程で実証実験を始めた。高岡工場で進めるIoT化の30以上の実証実験の一環で、効果が大きいものから世界の工場に展開する。工場のIoT化で先行するドイツ勢に対する強い危機感を背景に、生産管理手法の進化を急いでいる。