東芝がフラッシュメモリー事業を分社し、外部資本を導入する検討を始めた。米原子力事業の損失は最大7000億円に達する可能性があり、穴埋めとして稼ぎ頭を切り離す。期限は3月末。債務超過を回避するために、事業売却が待ったなしになってきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1252文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。