NTTドコモがスマホに表示したQRコードで買い物できる決済サービスに参入する。モバイル決済は非接触ICを使う「おサイフケータイ」で先駆けたが、狙い通りの普及は進まなかった。中国アリババや楽天など内外のネット大手が先行する分野で、ドコモは携帯の顧客基盤を武器に巻き返しを図る。

 「当社の大規模な顧客基盤を武器に、新たな決済サービスを迅速に立ち上げる」。こう意気込むのはNTTドコモの前田義晃執行役員だ。同社はスマートフォン(スマホ)を使う新たな決済サービス「d払い」を2018年4月に始める。19年3月までにローソンや高島屋など計10社、1万9000店で利用可能にし、早期に10万店へ広げる計画だ。

●「d払い」を使った買い物の手順

 ドコモが始めるのはQRコードと呼ばれる2次元バーコードを使うモバイル決済。利用者は店頭でスマホアプリに個人を特定するQRコードを表示、それを店員がPOS(販売時点情報管理)レジのバーコード読み取り機やタブレットで読み込んで決済する。QRコードは、他人に盗まれ無断で使われないよう、買い物のたびに生成する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り806文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。