2016年3月期も増益が見込まれていた日本企業の業績に暗雲が垂れ込めている。原油価格の下落をはじめとする資源安と円高。そこに監査の厳格化が追い打ちをかける。中国景気の先行きが反転のきっかけとなりそうだが、肝心の過剰設備解消は進んでいない。