利便性と割安感で、消費者にすっかり浸透したネット通販。各社が独自の囲い込み策を競うことで、ネット消費の市場がさらに膨らむ。物販以外の娯楽コンテンツなど「コト消費」でも存在感が増す。