店舗飽和感が強まるコンビニエンスストア業界で、本部がFC加盟店の支援を拡充している。昨秋以降、販売にも減速感が出る中、大手各社の決算の足を引っ張っている。それでも加盟店の中には、「焼け石に水」という声もあり、さらなる対応が求められる懸念がある。

 コンビニ大手3社の2017年3~11月期決算が出そろった。発表を受け、3社の株価は軒並み下落した。ローソンは発表した10日終値から3営業日続落し、15日までに4.4%下げた。同期間の騰落率が0.3%下落にとどまった日経平均株価との乖離は大きい。

 11日発表だったセブン&アイ・ホールディングスとユニー・ファミリーマートホールディングスも15日時点、11日終値比でそれぞれ2.0%、4.6%下げている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1010文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。