参院選を控え、外交での得点を狙う安倍晋三政権が年初から重要な局面を迎えている。北朝鮮の核実験、中東情勢の緊張など海外発の懸案が一気に噴出したためだ。安倍首相は関係国間の議論をリードし、日本の存在感発揮や政権基盤の強化を目指している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1371文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題