セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂で8日、業績不振を受けて社長が交代した。就任から2年に満たない戸井和久氏が期中に突然引責辞任し、前社長の亀井淳氏が再登板した。異例の「ショック療法」には、鈴木敏文セブン&アイ会長のいら立ちと覚悟がにじむが、成否は不透明だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1329文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。