4月の電力小売り自由化を控え、参入各社が家庭向けの料金体系を相次いで発表している。東京電力も従来より割引となるプランを発表したが、そこには「カラクリ」があった。携帯電話会社など異業種からの参入により、電気料金が複雑で分かりにくいものとなる恐れもある。