年明け早々に顕著になった原油価格の下落が日本経済の重荷になりつつある。価格下落で世界の社債市場が揺らぎ、リスク回避で円が買われ始めたからだ。円高は企業の増益シナリオを揺るがし、景気回復を遠のかせかねない。