東芝が米国の原発事業で、再び数千億円規模の損失を計上する見通しだ 米ウエスチングハウスの減損を回避するために買収した企業が、新たな火種となった。原子力部門の隠蔽体質が改めて浮き彫りになり、上場廃止が現実味を帯びてきた。