東京都の小池百合子知事が夏の都議会選挙に向け候補者の擁立作業を加速している。都議会で自民党に代わり多数派を握るのが狙いで、公明党や民進党との選挙協力も検討している。都議選の行方は安倍晋三首相の衆院解散戦略や国政での野党の先行きにも影響を与えそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1348文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。