昨年末、佐川急便の宅配便で全国的な遅配が生じた。背景にはネット通販の増加と、深刻な人手不足がある。共働きの留守宅がさらに増えると、物流会社の負担は一層重くなる。