家電やITの展示会「CES」で米半導体大手エヌビディアが存在感を発揮。同社のAI(人工知能)向け半導体は自動運転車などで採用が相次ぐ。「挑戦者」から「支配者」へと立場が変わった今、風当たりも強まっている。

トレードマークの黒の革ジャン姿で、戦略を熱く語るジェンスン・フアンCEO

 1月上旬に米ラスベガスで開かれた家電やIT(情報技術)、自動車の先端技術などの国際展示会「CES」。その開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開いたのが米エヌビディアのジェンスン・フアンCEO(最高経営責任者)だ。会場は世界各国から集まった約1000人の報道陣で埋め尽くされた。

 エヌビディアはパソコン向けのCPU(中央演算処理装置)が成長をけん引してきた半導体業界の破壊者だ。ゲーム向けに高度なグラフィック処理を施すGPU(画像処理半導体)を足がかりに、AI(人工知能)のディープラーニング(深層学習)でも性能を引き出し、活躍の場を広げている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2612文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。