アベノミクス第3の矢として位置付けられる「働き方改革」への注目が高まっている。そうした中、政府の規制改革会議における雇用ワーキンググループの座長を務めた鶴光太郎氏による『人材覚醒経済』は必読の一冊だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1511文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。