シンギュラリティ(特異点)という、科学技術の発展の末に人間の作る機械の能力が人間を超えることを意味する言葉がある。「人間を超える機械」という想像はかなり昔から存在したが、ここにきて人工知能(AI)の急速な進歩や、センサー、アクチュエーターなどの高機能化により、あながち夢物語とも言えなくなってきている。

『ポスト・ヒューマン誕生』
レイ・カーツワイル著、井上 健監訳
3000円(NHK出版)


コンピューターの能力が、2045年頃に人間を超える──。シンギュラリティという概念を提唱した未来予測の書。
続きを読む 2/3

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1515文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。