世界的ベストセラーとなったトマ・ピケティの『21世紀の資本』によって、多くの人が資本主義の矛盾や終焉を考え始めた。確かに、長く続くゼロ金利や、先進国で経済成長が行き詰まっている現状を見ると、未来が明るいとは思いにくい。そこで、最近出版された資本主義関連の本から、今後の社会の在り方を考えてみたい。