世界的ベストセラーとなったトマ・ピケティの『21世紀の資本』によって、多くの人が資本主義の矛盾や終焉を考え始めた。確かに、長く続くゼロ金利や、先進国で経済成長が行き詰まっている現状を見ると、未来が明るいとは思いにくい。そこで、最近出版された資本主義関連の本から、今後の社会の在り方を考えてみたい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1458文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。