フランス絶対王政の象徴であったヴェルサイユ宮殿。国王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットは、宮殿を舞台に栄華を極めた生活を送るが、37歳で国家反逆の罪に問われ、死刑になってしまう。「マリー・アントワネット展」では、彼女の愛用品や絵画など、約200点を展示。フランス革命前後の歴史や当時の世相に触れられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り812文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。