ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が12月15日に安倍晋三首相の地元である山口県を訪れ、首脳会談を行う。安倍首相は「戦後体制」最大の懸案とも言える北方領土問題の解決と日露平和条約の締結に強い意欲を示すが、果たしてプーチン大統領との間で話は前に進むのか──。今回は日ロ関係を、「地政学」で読み解くための3冊を紹介したい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1460文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。