まず、『感動経営』を読んで、自分でも驚いたのは泣けることだ。本書の後半で、九州新幹線のCMの話になるのだが、なぜかここで泣けるのだ。JR九州を躍進させた立役者である唐池恒二氏の著作は、ほかに2冊読んでいる。だがその2冊では「なるほど、大した人もいるものだ」とは思っても、心に染みてくることはなかった。ところがこの本は違う。染み込んでくるのだ。今からどうしても誰かを感動させたくなるような、いい染み込み方をする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1231文字 / 全文1528文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。