「働き方改革」を進める上で、長時間労働は大きな課題だ。社会の目も厳しさを増しており、労働基準法違反容疑で電通が書類送検された事件は記憶に新しい。一方、働く立場としても、真剣な眼差しで「時間管理」に取り組むべきときを迎えている。