「働き方改革」を進める上で、長時間労働は大きな課題だ。社会の目も厳しさを増しており、労働基準法違反容疑で電通が書類送検された事件は記憶に新しい。一方、働く立場としても、真剣な眼差しで「時間管理」に取り組むべきときを迎えている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1472文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。