アルツハイマー型認知症と糖尿病の関係が注目されている。血糖値が高めの状態が続くと認知機能の低下がみられ、糖尿病の人が認知症になるリスクが高いことなどが次々に判明し、アルツハイマーを「脳の糖尿病」や「3型糖尿病」と例える研究者もいる。血糖値が認知症に与える影響について、朝田隆医師に聞いた。

Adviser
医師
朝田 隆氏(あさだ・たかし)
メモリークリニック御茶の水理事長、 東京医科歯科大学特任教授、筑波大学 名誉教授。専門は認知症の予防と治療。

 脳の神経細胞のエネルギー源のほとんどは糖です。通常、人が糖をとるとすい臓からインスリンと呼ばれるホルモンが分泌され、血糖値が下がります。このインスリンの働きが悪くなると血糖値の高い状態が続き、悪化すると糖尿病になります。

 最近の研究では脳の神経細胞にも、インスリンなどのホルモンを生成・分泌して、血中の糖を取り込む働きがあることが分かってきました。さらに脳内でインスリンが不足するとアルツハイマー病のリスクが高まることも分かってきたのです。実際に、アルツハイマー病患者にインスリンを点鼻投与したところ、記憶力の改善が確認されたという報告もあるのです。

 では、どんなときに脳内でインスリン不足が起きたり、インスリンの働きが悪くなったりするのでしょうか。その原因は、血糖値の急な上昇や低下にあるらしいのです。