全1511文字

ウイルスや細菌が原因の感染症の予防は手洗い、うがい、マスクの着用が基本だ。感染症を防ぐためのポイントをその専門家に聞いた。

Adviser
東京医科歯科大学
医学部附属病院
感染制御部長
貫井陽子
(ぬくい・ようこ)

医師として、グローバル化に伴い多様化する感染症対策を推進する。医療者向け教育を中心に取り組む。

 手すり、つり革、ドアノブやリモコン、さらに髪の毛などに触れたり、トイレを使ったりするうちに、手にはたくさんの病原体が付着します。