風疹患者が増え、緊急情報が出されている。風疹が流行する背景と対策について専門家に聞いた。

Adviser
国立感染症研究所 感染症疫学センターセンター長
大石和徳
(おおいし・かずのり)

長崎大学医学部卒業。同大学熱帯医学研究所助教授、大阪大学微生物病研究所特任教授などを経て現職。

 現在、首都圏や愛知県を中心に、風疹が流行し始めています。2017年の年間患者数93人に対し、18年は11月4日時点で1884人と20倍近くになっています。内訳を見ると、もっとも多いのは40代の男性で職業は会社員です。風疹は12~13年にかけて大流行し、約1万7000人の患者が出ました。このときの状況に似た傾向になっています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1037文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。