酒と放浪。若山牧水の歌といえばこの2つだろう。しかし、若い頃には恋の歌をたくさん詠んでいる。その恋愛の相手は、2歳年上で抜群の美人だったという園田小枝子。

 しかし、いつまでも小枝子の態度は煮え切らなかった。そりゃそうだろう、人妻であることを隠していたうえ、いとことの三角関係もあったというモヤモヤ状態だったのだから。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1269文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。