米国の魂を買った」とまで言われたソニーのコロンビア・ピクチャーズ買収や三菱地所のロックフェラーセンター買収など、経済大国日本がハデな話題を振りまいていたバブル経済最後の頃(宴が終わりかけた1990~91年)、評者は米国南部の大学町とワシントンDCで暮らしました。日本語を勉強したい、日本文化について学びたい──「日本問題」が深刻化する一方で、未知の文化に対する関心の高さは今では想像できないほどでした。ただ、そうした時に「はい、これ」と差し出せる「同時代的」な日本の小説(川端康成、谷崎潤一郎、三島由紀夫のビッグスリー以外の英訳本)がないのはいかにも残念なことでした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1263文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。